コーヒーについて

コーヒーについて

コーヒー好きがコーヒーについて調べて書いていこうと思います。

 

まずはコーヒーをwikiってみました。
一応自分なりに書いてみると、
コーヒー(珈琲)はコーヒーノキになる種子がコーヒー豆になっています。
このコーヒー豆を焙煎して、挽いた粉末をお湯やお水で抽出したものが私たちが飲んでいるコーヒーです。

 

コーヒーノキは発芽から3〜5年で白い花を咲かせます。
果実が成熟するまでには約9か月かかって、果実の中には2粒の種子が向かい合わせに入っていて、この部分がコーヒー豆です。
50年から60年間果実をつけることができます。

 

コーヒーは世界中の多くの国で飲まれている飲料で、コーヒーショップも多数あります。
歴史としてはお茶やアルコールよりも遅く発見されているが、人類に最も深い嗜好品と言える。
石油についで貿易額が大きい一次産品である。
カフェインなどが入っていることで、今でも医学や薬学の対象にもなっている。

 

 

ほぼwikiに書いてあることそのままですが、貿易額の大きさにはびっくりしましたね。
世界中で愛されている飲み物だということはなんとなくわかっていたつもりですが、そんなに経済効果をもたらしているものだとは知りませんでした。
またコーヒーによる健康への影響なども研究されていて、適度にコーヒーを飲んで健康になるんだったらそんなにうれしいことはないですね。
コーヒーを入れるお水ならうるのんがオススメ