最高級コーヒー コピルアクって

最高級コーヒー コピ・ルアク

世界的にも最高級クラスのコーヒーとして知られるコピ・ルアク。
そのコピ・ルアクについて調べてみました。

 

コピ・ルアクは産地はインドネシアですが、コーヒー豆を取る方法が特集です。
コーヒーノキになった実をジャコウネコと呼ばれる動物が食べます。
そしてその種子であるコーヒー豆が糞と一緒に排出されます。
その排出されたコーヒー豆をキレイに洗浄して、乾燥させ焙煎されたものがコピ・ルアクとして世に出されます。
日本でもかなり高価で売られていて、有名ホテルなどでは一杯5000円ほどで提供されているところもあるとか。
豆を飼うとすると価格帯は、100gで7000円〜1万円強という感じです。

 

コピ・ルアク 人気の秘密

なぜジャコウネコの糞として出されたコーヒーが人気があるのでしょうか?
一説によると、ジャコウネコの腸内で消化酵素など働きなどで、コーヒー豆に独特な香りが加わるといわれています。

 

ただ、高級な理由としては希少性が一番に挙げられるそうです。
なので、コピ・ルアクの好き嫌いは人によってはっきり分かれるといわれています。
この独特の香りが好きな人はとことん好きですし、嫌いな人は嫌い。
そして糞(日本ではうんちコーヒーなどとも呼ばれる)ということもあり、それが嫌で飲みたくない人もいます。

 

しかし世界的に最高級クラスのコーヒーと呼ばれているのは間違いありません。
コーヒーが好きであれば、一度飲んでみたい代物ではないでしょうか?