コーヒー豆の種類

コーヒー豆の種類

世界的にも有名なコーヒー豆はどういうものがあるのでしょうか?
コーヒー豆の種類について。

 

・ブルーマウンテン
産地:ジャマイカ
日本人好みの味と香りのブルーマウンテン。
ブルーマウンテン山脈の「標高800m〜1200m」でとれたものしか「ブルーマウンテン」を名乗ってはいけない。
しかし、それ以外でとれたものもブルーマウンテンと名づけられたりしているため、本物のブルーマウンテンはなかなか味わえない?
高価な豆としても有名。

 

・キリマンジャロ
産地:タンザニア
キリマンジャロ山域で収穫されたもの。
強い酸味があるのが特徴で、好き嫌いが分かれる味である。
価格は比較的安価である。

 

・モカコーヒー
産地:イエメン、エチオピア
モカコーヒーはモカと呼ばれることも多い。
さわやかなフルーティーな香りがするのが特徴。
酸味も強い方である。
モカの中でも「モカ・マタリ」は上品な香りで比較的高価である。

 

・コナコーヒー
産地:ハワイ
アメリカはハワイ島のコナコーストで栽培されたもの。
ブルーマウンテンに次ぐ高価な豆。
ホワイトハウスの晩餐会で出される。
甘い香りと柔らかい酸味が特徴。

 

・マンデリン
産地:インドネシア
酸味が少なく苦味が強いのが特徴。
コクのある味でケーキなどと良く合うといわれている。

 

・スプレモ
産地:コロンビア
コロンビアは有数のコーヒー産地です。
その中の最上級品がスプレモ
香りがよく、適度な酸味がある。