コーヒーの産地について

コーヒーの産地について

コーヒーにもいろいろ種類があってよくわからないので、産地を調べてみました。
産地によって味の違いなどがあるので、好みのコーヒーを見つけるのに良いかもしれません。

 

コーヒーベルト

調べていくとコーヒーベルトなるものがあることがわかりました。
コーヒーベルトはご存知ですか?

 

コーヒーベルトと言うのはコーヒーが育つ環境に適している北緯25度から赤道をはさんで南緯25度までの地帯のことを指します。
実際に有名な産地を見てみると見事にこの間に当てはまります。

 

産地

では地域ごとに有名どころを少しずつまとめます。

 

・南アメリカ地方

  • ブラジル
  • コロンビア
  • ペルー
  • ボリビア

 

・中央アメリカ地方

  • メキシコ
  • グァテマラ
  • パナマ
  • コスタリカ

 

・カリブ海諸島

  • ジャマイカ (ブルーマウンテン)
  • キューバ
  • ドミニカ
  • ハイチ

 

・ハワイ

  • ハワイ島 (コナコーヒー)

 

・アジア地方

  • インドネシア(コピ・ルアック、マンデリン、ジャワ)
  • パプアニューギニア
  • ベトナム
  • ラオス
  • 東ティモール

 

・アフリカ地方

  • タンザニア(キリマンジャロ)
  • ケニア
  • エチオピア(モカコーヒー)
  • イエメン(モかコーヒー)
  • ジンバブエ

 

有名どころをピックアップしてみました。

 

コーヒーの生産量でいけば

  1. ブラジル
  2. ベトナム
  3. インドネシア

となります。

 

産地によって味に違いが出ます。
苦味が強かったり、香りが良かったり、コクが深かったり。
ブルーマウンテンなど高級な豆も有りますが、色々飲んでみて味を比べてみるのも面白いですよ。